FC2ブログ

最近のこと

最近は、色々と学びを進めたおかげで、実家に居るにも関わらず、かなり穏やかな気持ちで生活をしています。
両親の状態も、「面倒だな」とか「嫌だな」とは思いますが、振り回されることがなくなりました。

本当に色々「気が付かせて」いただいたおかげです。

週に1回程度、友人の協力の元外泊していることも、大きな効果を上げています。

最近は、両親の状態を観察して、色々と学びにつなげていこうとしています。



先日、小学校4年生の少女が父親に殺されてしまった事件のことが、たびたび報道されています。
少女は日常的に父親から暴力を振るわれ、そのことを学校のアンケートに書いていました。
とても痛ましい事件でした。

この件について、両親が普段とは違う反応を示しました。

どういう気持ちで反応したか、推測してみます。


父親は、ニュースが流れるたびに、「この父親は死刑だな」などと大声で言います。

とても強い反応を示しています。

被害者と同じころの年齢だった私の状態は、兄に暴力を振るわれたり、学校でいじめにあったり。

それを、気が付きながらも何もしなかった父に、後ろめたい気持ちがあるのかなと思います。
その犯人の父親を厳罰にと訴えることで、「自分はまともな父親だった」という刷り込みを行いたいんだと。
自分自身にも、娘の私にも。

因みに、父親も突然キレたりして、家族に恐怖を与える存在でした。
暴力を振るわれるかもという恐怖を感じたことは多々ありましたが、実際家族に手を挙げたことはありません。


母親も、ハッキリ反応していました。

「このお母さんも、旦那にひどいことされたせいで、何もできなかったんだね。」

「学校は、なんでここで動いてくれなかったんだろう」


「このお母さんも」と言った言葉に、「自分も誰かのせいで何もできなかった」ことにしてしまいたいという気持ちが出ていると感じました。

母は、兄の暴力を黙認どころか公認状態でした。
骨折の疑いがあるほど腫れて、病院に行く必要があるレベルになって、ようやくまともに注意してくれたこと。
とても記憶に残っています。
やっと怒ってくれたと思ったのもつかの間。
病院に行くことで、暴力が表沙汰になってほしくないのが理由だとわかりました。

母は、自分の意思で、私を兄のサンドバックに差し出して、そっと逃げ道をふさぐような行動をしていました。
兄が、警察沙汰の事件を起こすより、家庭内暴力で済むほうが楽だからそうしたんです。
そのことを思い出したくないのでしょう。

学校でのいじめも、母は一切対応しなかったことを、本当は後ろめたく思っていたのでしょう。
だから、いじめは学校が対応するべきことと言い切ってしまいたい様子でした。

そういう理由で、今回の事件のニュースが流れた時、両親揃って過剰に反応したのだと思います。

普段より大きい声で、私に聞かせたい意思を感じました。

当時は分からなかったけど、それぞれ「後ろめたい気持ち」があったんですね。


今の自分から見ると、両親はまるで、小さな子供のようです。

子供が子育てしたから、こんな状態になってしまったんだなと。


因みに以前から、子供がいじめを苦に自殺したニュースなどが報道されるたびに、似たような反応を示していました。
当時の自分は、両親のそういう内心にまで気持ちを向ける余裕はありませんでした。
ただなんか、普段と様子が変わっていることは感じましたので、そういう事件を「意識していること」だけは感じ取っていました。

後ろめたさを刺激されて、そういう反応をしていたと分かると気分が違います。

知ることで、変われるんですね。
理解できない存在だったときは、両親が怖いと思っていました。

言葉や行動の裏が見える今、全然怖くありません。

思わず、可笑しくなってしまうような、単純な理由で、虚勢をはっているだけだったりするんです。

FC2 ブログランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

00miyuu00

Author:00miyuu00
毒親・機能不全家庭で育った40代女性
本来の自分を取り戻して、自分らしく生きていくために。
母と娘の関係、家族関係。
過去から現在までの経験と、学びや気付きを書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR